野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルト石川が「満点」投球で初勝利 単独首位キープにも「攻めていきたい」

ヤクルト石川が「満点」投球で初勝利 単独首位キープにも「攻めていきたい」

ヤクルトのエース左腕・石川雅規投手が、DeNA戦で待望の今季初勝利を挙げた。7回7安打無失点と快投。4-0での勝利を呼び込んだ。今季は好投を続けながら援護に恵まれず、この試合の前まで3戦に登板して0勝2敗となっていたが、ようやく白星をつかんだ。

DeNA相手に7回7安打無失点、「めちゃくちゃうれしいですね」

 ヤクルトのエース左腕・石川雅規投手が、DeNA戦で待望の今季初勝利を挙げた。7回7安打無失点と快投。4-0での勝利を呼び込んだ。今季は好投を続けながら援護に恵まれず、この試合の前まで3戦に登板して0勝2敗となっていたが、ようやく白星をつかんだ。

 試合後にお立ち台に立った石川は「めちゃくちゃうれしいですね」と声を弾ませた。相手は開幕から好調なDeNA打線。「打率が高い選手がいっぱいいますし、風も強かったので、ソロホームランは仕方ないという気持ちで、中村のミット目がけて思い切って投げました」。慎重になりながらも、勇気を持って攻めた。

 ヤクルト打線も相手先発の山口に抑えられていたが、6回に4番・雄平の2点二塁打、5番畠山の2ランで一気に4点を奪取。「先に点数をやらないようにと、ピンチがありましたけど、なんとか粘れたので、味方の援護があるまで、という気持ちで投げていました」と力投を続けていた石川を援護した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中