野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 田中将大の次回登板は24日 黒田も苦しんだ「中3・5日」で快投は続くか

田中将大の次回登板は24日 黒田も苦しんだ「中3・5日」で快投は続くか

ヤンキース・田中将大投手の次回登板が、23日(日本時間24日午前2時8分)のタイガース戦に決まったと、球団公式サイトが伝えた。当初は6人制ローテーションを部分導入し、中5日で24日(同じ25日)のメッツ戦に先発するプランもあったが、今季初の中4日で先発することになった。

20150421_tanaka

日本時間24日未明のタイガース戦に決定、中5日にはならず

 ヤンキース・田中将大投手の次回登板が、23日(日本時間24日午前2時8分)のタイガース戦に決まったと、球団公式サイトが伝えた。当初は6人制ローテーションを部分導入し、中5日で24日(同じ25日)のメッツ戦に先発するプランもあったが、今季初の中4日で先発することになった。

「タイガースとのシリーズでスポット・スターターを使うか熟慮した結果、ヤンキースは少なくとも、もうひと周り、ローテーションを維持することにした」

 記事では、このような書き出しでヤンキースの決断について報じている。チームは17日のレイズ戦から31日間で30試合を戦う過密日程に突入しているため、ジョー・ジラルディ監督は当初、6人制ローテーションの部分導入を示唆。もう1人の先発候補として、エスミル・ロジャース、ブライアン・ミッチェル、チェース・ウィットリーと具体名まで挙げていた。

 しかし、田中の次回登板の前に6人目を挟むことはなくなった。来週になって、もう1人の先発投手を挟む可能性は、まだ残されているという。

人気記事ランキング