野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 首位攻防戦は中日が制す 大野が対ヤクルト2戦連続完投勝利でゲーム差なし

首位攻防戦は中日が制す 大野が対ヤクルト2戦連続完投勝利でゲーム差なし

首位攻防第一ラウンド、ナゴヤドームで行われた中日対ヤクルトの一戦は、中日が3-0で勝利。先発大野が今季2度目の完投で2勝目。中日は勝率の差で僅かに2位だが、首位ヤクルトに肉薄した。

中日

桂はプロ入り初安打がソロホームラン

 首位攻防第一ラウンド、ナゴヤドームで行われた中日対ヤクルトの一戦は、中日が3-0で勝利。先発大野が今季2度目の完投で2勝目。中日は勝率の差で僅かに2位だが、首位ヤクルトに肉薄した。

 中日・大野、ヤクルト・成瀬の両先発で始まった試合は、両投手の好投で締まった展開となった。2回表、ヤクルトは1死から飯原がライトへのツーベースで出塁するが、続く中村、大引が凡退し無得点。中日もその裏、1死からエルナンデスがツーベースでチャンスを作るものの、堂上、桂が倒れこちらも得点を挙げることができない。

 試合が動いたのは5回裏。中日先頭のエルナンデスが、成瀬の投じた高めの速球を強振すると、打球はセンターバックスクリーンに飛び込む今季初アーチ。打撃好調エルナンデスの一振りで中日が先制点を挙げた。

 さらに1死後、怪我の武山に代わり昇格し、8番キャッチャーでスタメン出場を果たした桂が驚きのバッティングを見せる。真ん中に甘く入った変化球をコンパクトなスイングで捉えると、打球はレフトスタンドへ飛び込むプロ入り初ホームラン。プロ2打席目の初安打が貴重な追加点となるソロ。中日がリードを2点に広げた。

 中日は8回にも平田のタイムリーで1点を追加。中日先発の大野は9回に2点を失ったものの、3安打2失点2奪三振4四球。中日は3-2で勝利。首位攻防第一ラウンドは、中日が制した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング