野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • クリーンアップが打点挙げ快勝の巨人 全打席出塁の橋本「自分を褒めたい」

クリーンアップが打点挙げ快勝の巨人 全打席出塁の橋本「自分を褒めたい」

巨人はクリーンアップが役割を果たし、広島を6-3で下した。絶好調の3番・橋本が2安打2四球2打点、4番・坂本が1安打1打点、そして1軍復帰した5番・アンダーソンが1安打1打点と全員が打点をマーク。相手先発の大瀬良を打ち砕いた。

アンダーソンは復帰即タイムリー、坂本も1打点で原監督の復帰初戦を飾る

 巨人はクリーンアップが役割を果たし、広島を6-3で下した。絶好調の3番・橋本が2安打2四球2打点、4番・坂本が1安打1打点、そして1軍復帰した5番・アンダーソンが1安打1打点と全員が打点をマーク。相手先発の大瀬良を打ち砕いた。

 1-0で迎えた3回。1点を加え、なおも2死二塁の好機で、アンダーソンが左中間を破るタイムリー二塁打を放った。オフに左肘の手術を受け、春季キャンプからリハビリを行っていたが、この日から1軍に復帰。「5番・レフト」でスタメンに名を連ね、いきなり結果を残した。

 さらに、5回2死二塁では橋本がセンターオーバーのタイムリースリーベース。続く坂本もライトへのタイムリースリーベースを放ち、2点を加えた。

 打つべき選手が打ち、チームは6-3で快勝。試合後にお立ち台に立った橋本は、3ボールから打った三塁打について「チームとしてはもう1点欲しいところだったので、バッティングカウントでしたし、甘い球が来たらいこうと思ってました」と振り返った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中