野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローが日米通算1966得点目をマーク 王貞治氏の日本記録に王手

イチローが日米通算1966得点目をマーク 王貞治氏の日本記録に王手

マーリンズのイチロー外野手が22日(日本時間23日)、敵地でのフィリーズ戦で日米通算1966得点目をマーク。王貞治氏が持つ日本記録にあと「1」とした。

20150423_ichiro

フィリーズ戦で内野安打から生還、日本で658得点、米国で1308得点

 マーリンズのイチロー外野手が22日(日本時間23日)、敵地でのフィリーズ戦で日米通算1966得点目をマーク。王貞治氏が持つ日本記録にあと「1」とした。「7番・レフト」で2試合連続となる先発出場を果たし、8回の第4打席で二塁内野安打を放つと、その後、味方の失策の間に生還した。

 相手先発はエース左腕のハメルズ。イチローは2回1死走者なしの第1打席ではストレートの四球を選んだ。1-1で迎えた4回の第2打席は無死一、二塁のチャンスだったが、三ゴロに倒れてチャンスを広げられず。6回2死一塁での第3打席では遊ゴロに打ち取られた。

 マーリンズは7回、2番手のガルシアを攻めて1死一、三塁とすると、ボークで勝ち越した。

 8回、イチローは2死走者なしで第4打席へ。右腕ジャイルズの5球目をセカンドに転がすと、快速を飛ばしてセーフ。この日、初のヒットとなる内野安打で出塁した。その後、三塁まで進むと、ゴードンの中飛が相手のエラーを誘い、生還した。

 イチローは日本で658得点、米国では1308得点をマーク。2006年の第1回WBCで監督を務め、イチローも尊敬する王貞治氏の日本記録に王手をかけた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング