野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローが日米通算1966得点で王氏の日本記録に「1」 マ軍は連敗5で止める

イチローが日米通算1966得点で王氏の日本記録に「1」 マ軍は連敗5で止める

マーリンズのイチロー外野手が22日(日本時間23日)、敵地でのフィリーズ戦に「7番・レフト」で先発出場し、3打数1安打2四球1得点だった。日米通算1966得点目をマーク。王貞治氏が持つ日本記録にあと「1」とした。

フィリーズ戦で3打数1安打2四球1得点、米国だけで1308得点目、日本記録に王手

 マーリンズのイチロー外野手が22日(日本時間23日)、敵地でのフィリーズ戦に「7番・レフト」で先発出場し、3打数1安打2四球1得点だった。日米通算1966得点目をマーク。王貞治氏が持つ日本記録にあと「1」とした。開幕から不調が続き、マイク・レドモンド監督の解任騒動も起きているマーリンズは6-1で勝利し、連敗を5で止めた。

 イチローは2回1死走者なしの第1打席ではストレートの四球。1-1で迎えた4回の第2打席は無死一、二塁のチャンスで三ゴロに倒れてチャンスを広げられず。6回2死一塁での第3打席では遊ゴロに打ち取られた。

 マーリンズは7回に相手投手のボークで1点を勝ち越した。

 2-1の8回、イチローは2死走者なしで第4打席に立つと、右腕ジャイルズから二塁内野安打。その後、三塁まで進み、2死満塁でゴードンの中飛が相手のエラーを誘い、生還した。

 この回、マーリンズは4点を追加。そのまま快勝し、連敗を5で止めた。

 イチローは日本で658得点、米国では1308得点をマーク。世界の本塁打王で、2006年の第1回WBCでは指揮官として日本を初代王者に導いた王氏の日本記録(1967得点)に王手をかけた。チームリーダーとしてWBC制覇に貢献したイチローは、王氏への尊敬の念を常々、口にしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中