野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルトが再び単独首位 巨人との首位攻防戦を川端のサヨナラ打で制す

ヤクルトが再び単独首位 巨人との首位攻防戦を川端のサヨナラ打で制す

ヤクルトは巨人との首位攻防戦第1ラウンドをサヨナラで制し、単独首位に再び浮上した。2-2の延長10回に川端が澤村から値千金のサヨナラ打。同率首位となっていた巨人を3-2で下した。

延長10回に巨人の守護神・澤村から値千金のサヨナラヒット

 ヤクルトは巨人との首位攻防戦第1ラウンドをサヨナラで制し、単独首位に再び浮上した。2-2の延長10回に川端が澤村から値千金のサヨナラ打。同率首位となっていた巨人を3-2で下した。

 巨人・ポレダ、ヤクルト・小川の投げ合いでスタートした一戦。先手を取ったのはヤクルトだった。この日から復帰したバレンティンの四球などで無死一、二塁の好機をつくると、雄平、畠山は連続三振に倒れたものの、大引がセンターへタイムリー。先制点を奪った。

 一方、巨人は4回、絶好調の橋本が1死からこの日2本目のヒット。4番・坂本がバントで送ると、アンダーソンがライトへのタイムリーツーベース。同点に追いついた。

 さらに、続く5回には村田が相手失策で出塁。このプレーでバレンティンが足を痛めた。その後、小林がバントを決めると、ピッチャーのポレダがしぶとくライト前に運び、自らのバットで勝ち越し点を奪った。バレンティンは6回の守備から退いた。

 ポレダの前に3回以降は完全に抑えこまれていたヤクルト打線だったが、7回に反撃する。わずか2球で2死となってから、畠山がレフトスタンドへ貴重な同点ソロを放った。

 ヤクルトは8回から継投に入る。2番手の秋吉は三者凡退の好投。9回も守護神バーネットが三者凡退に抑えた。一方、巨人も8回2失点と好投したポレダに代え、9回にマシソンを投入。こちらも三者凡退の好投で、試合は延長に入った。

 延長10回、巨人は4番手オンドルセクを攻める。2死から代打・中井が二塁内野安打、松本哲が左翼線二塁打で二、三塁のチャンス。しかし、片岡は空振り三振に倒れた。

 その裏、ヤクルトは先頭の中村が巨人の守護神・澤村からレフト前ヒット。大引がバントを決め、1死二塁とチャンスを作る。さらに、上田はファーストへの内野安打、山田は四球で満塁。ユウイチが二ゴロで倒れた後、2死から川端がセンターへ値千金のサヨナラヒット。首位攻防戦初戦を3-2で制した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中