野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 川端が巨人との首位攻防戦で自身初のサヨナラ打 「自分が決めてやろうと」

川端が巨人との首位攻防戦で自身初のサヨナラ打 「自分が決めてやろうと」

ヤクルトは巨人との首位攻防戦第1ラウンドをサヨナラで制し、再び単独首位に浮上した。3番・川端が澤村から自身初ののサヨナラ打。同率首位となっていた巨人を3-2で下した。

東京ヤクルト神宮

再び単独首位「首位攻防戦の頭(初戦)を絶対にとらんといけないと思って」

 ヤクルトは巨人との首位攻防戦第1ラウンドをサヨナラで制し、再び単独首位に浮上した。3番・川端が澤村から自身初ののサヨナラ打。同率首位となっていた巨人を3-2で下した。

 延長10回、ヤクルトは巨人の守護神・澤村から1死満塁のチャンスを作る。しかし、ここでユウイチが二ゴロ。続く川端は気合十分だった。

「自分が決めてやろうと、強い気持ちで(打席に)立ちました」

 試合後のヒーローインタビューで、川端はこう明かした。

 初球。澤村の直球をセンター前にはじき返す。「満塁だったので、絶対にストライクを取ってくると思って、初球から思い切って行きました」。値千金のサヨナラヒットは、狙い通りの一打。巨人との首位攻防戦第1ラウンドを3-2で制した。

人気記事ランキング