野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 首位攻防戦で今季初完封のヤクルト石川 「攻めるピッチングが出来た」

首位攻防戦で今季初完封のヤクルト石川 「攻めるピッチングが出来た」

ヤクルトの石川雅規投手が、神宮球場で行われた巨人との首位攻防戦第2ラウンドで今季初完封の快投を見せた。9回9安打無失点、5奪三振、無四球で2勝目(2敗)。チームを5-0での勝利に導き、2連勝で巨人とのゲーム差を「2」に広げた。

東京ヤクルト神宮

わずか2時間17分の完封劇に「うれしいっす!」、巨人との首位攻防戦の勝ち越し決める

 ヤクルトの石川雅規投手が、神宮球場で行われた巨人との首位攻防戦第2ラウンドで今季初完封の快投を見せた。9回9安打無失点、5奪三振、無四球で2勝目(2敗)。チームを5-0での勝利に導き、2連勝で巨人とのゲーム差を「2」に広げた。

 完封は昨年6月11日の楽天戦以来。試合後にお立ち台に立ち「いやぁ、うれしいっす!」と笑みがこぼれた。味方打線が3回までに5点を奪うと、9安打を浴びながらもスコアボードにゼロを並べた。

 圧巻だったのは8回。1死三塁のピンチを背負ったが、片岡は内角にズバリと決まる直球で見逃し三振。さらに、絶好調の橋本は内角へのシンカーで見逃し三振に仕留めた。2者連続見逃し三振という最高の結果でピンチを切り抜け、今季初完封をたぐり寄せた。

人気記事ランキング