野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人がヤクルト破り1差 高木勇が開幕4連勝、先発落ち村田は意地のヒット

巨人がヤクルト破り1差 高木勇が開幕4連勝、先発落ち村田は意地のヒット

巨人が首位攻防戦第3ラウンドを4-1で制し、首位ヤクルトとのゲーム差を「1」に縮めた。先発のルーキー高木勇が7回3安打1失点と好投。打撃不振で今季初めて村田をスタメンから外した打線は、10安打で4点を奪取した。村田は1点リードの8回に代打で登場して右前打。チャンスを広げて貴重な追加点につなげた。

巨人

首位攻防戦第3Rを制し、3連敗は阻止

 巨人が首位攻防戦第3ラウンドを4-1で制し、首位ヤクルトとのゲーム差を「1」に縮めた。先発のルーキー高木勇が7回3安打1失点と好投。打撃不振で今季初めて村田をスタメンから外した打線は、10安打で4点を奪取した。村田は1点リードの8回に代打で登場して右前打。チャンスを広げて貴重な追加点につなげた。首位攻防戦は2連敗を喫していたが、最終戦で大きな1勝を挙げた。

 初回、絶好調の橋本のタイムリーで1点の援護を得た高木勇は、全て内野ゴロで三者凡退に打ち取る立ち上がり。2回も畠山から見逃し三振、森岡から空振り三振を奪い、三者凡退で仕留めた。

 巨人打線は3回に片岡がソロホームランを放ち1点を追加。高木勇は3回、先頭の武内にフォアボールを与えるも、後続の3人を打ち取る。さらに、4回はバント安打を許した先頭の上田を素早い牽制で刺し、川端と雄平をともにフォークでサードゴロに切って取った。

 しかし、5回は先頭の畠山にカウント1-1からのカットボールを捉えられ、レフトスタンドへ運ばれた。畠山のプロ通算100号ソロで1点を返された。それでも、森岡を二ゴロ、武内を遊ゴロ、中村を空振り三振と後続をピシャリ。さらに、6回も三者凡退に抑えた。

 7回は先頭の川端にレフト前ヒット浴びたが、後続を断って無失点。すると、巨人打線が8回に秋吉から大きなチャンスを作る。

 1死からアンダーソンが四球で出塁。続く井端は空振り三振に倒れたが、原監督は続く中井に先発落ちした村田を代打で送る。村田はここで意地の右前打。代走の鈴木が三塁まで進んで2死一、三塁とすると、小林がセンター前へと運んだ。村田がチャンスを広げ、貴重な追加点が入った。

 さらに、ピッチャーの高木勇の代打・高橋由は左前打。2死満塁とすると、秋吉は金城に死球を与えて押し出し。3点差となった。

 巨人は8回をマシソン、9回は澤村とつないで4-1で勝利。ルーキー高木は開幕から無傷の4連勝となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング