野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 中日が巨人を破り連敗を4で止める 山井が7回途中1失点の好投で2勝目

中日が巨人を破り連敗を4で止める 山井が7回途中1失点の好投で2勝目

中日が東京ドームで行われた巨人戦を5-1で制した。先発の山井が7回途中1失点の好投を見せ、打線も巨人先発菅野から5回までに4得点を奪いノックアウトした。中日は連敗を4で止め、貯金を1とした。

巨人は先発菅野が誤算、5回4失点で3敗目

 中日が東京ドームで行われた巨人戦を5-1で制した。先発の山井が7回途中1失点の好投を見せ、打線も巨人先発菅野から5回までに4得点を奪いノックアウトした。中日は連敗を4で止め、貯金を1とした。

 両先発投手の好投で静かな立ち上がりを見せた試合は、4回に動く。4回表、中日は先頭の平田がセンターへのツーベースで出塁すると、今日1軍に復帰し4番ファーストでスタメン出場を果たしたルナが四球を選び無死一、二塁とチャンスを広げる。ここで続くナニータがレフトへ先制のタイムリーツーベースを放ち中日が1点を先制。さらにエルナンデスが見事なセーフティースクイズを決め、中日が2-0とリードを広げた。

 中日はさらに5回表、先頭で打順の回ってきたピッチャーの山井がセンター前ヒットで出塁すると、大島の犠打をはさみ、亀沢がセンター前へはじき返す。これをセンターの橋本が後逸してしまい、山井は悠々とホームに生還。2死後、ルナがライトへタイムリーを放ち、中日が4-0と巨人を突き放した。巨人先発の菅野は5回裏の打席で代打を送られて降板。5回84球、6安打4失点の内容に終わった。

 巨人も7回裏、先頭のアンダーソンが四球で出塁すると、続く井端が名人芸の右打ちを見せ、ライト線へのツーベースで無死二、三塁とチャンスを広げる。ここで中日は谷繁監督が山井を諦め又吉をマウンドへ送る。巨人は復調の気配が見えてきた村田が打席へ。しかし村田はセカンドゴロに終わり、三塁ランナーのアンダーソンがホームへ帰り1点を返す。その後小林、長野と倒れ、巨人は絶好のチャンスを生かすことができなかった。

 9回にも1点を追加した中日は、7回途中からマウンドに上がった又吉が8回も三者凡退に抑え、9回は福谷が締めて5-1で試合終了。先発の山井は6回0/3を投げて5安打1失点の好投、今季2勝目を挙げた。中日は連敗を4で止め、貯金を1とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中