野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 黒田は6回5失点で2敗目 初めてQS達成できず、小川との投げ合いに敗れる

黒田は6回5失点で2敗目 初めてQS達成できず、小川との投げ合いに敗れる

広島の黒田博樹投手が1日、神宮球場でのヤクルト戦に先発し、6回6安打5失点、1奪三振2四死球の乱調で2敗目を喫した。

4回以降は立て直すも3回までの5失点が響く、6試合目で初めてQSならず

 広島の黒田博樹投手が1日、神宮球場でのヤクルト戦に先発し、6回6安打5失点、1奪三振2四死球の乱調で2敗目を喫した。相手エース小川との投げ合いとなったが、3回までに5失点と苦しい内容。クオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成できなかったのは6試合目で初めてとなった。広島は4-5で敗れた。

 黒田は初回、先頭の山田にセンター前ヒットを許すと、送りバントと内野安打で1死一、三塁のピンチを迎える。畠山はスライダーで遊ゴロに打ち取ったが、この間に三塁走者の山田が生還。先制を許した。

 さらに、2回は荒木の内野安打、大引のライト前ヒットなどで2死二、三塁とされる。ここで山田に死球を与え、満塁の大ピンチ。続く上田に2ボールから甘く入ったツーシームを捉えられた。センターオーバーの走者一掃のスリーベース。今季初の4失点となった。

 3回は畠山をショートフライに打ちとったものの、続く雄平にはスプリットをライトスタンドへ運ばれ、5点目を失った。

 しかし、3回まで小川に1安打に抑えられていた広島打線が、4回に反撃。2四球で2死一、二塁とすると、梵が左翼スタンドに3ランを叩き込み、2点差に迫った。

 その裏、黒田は8番・大引からの打順をこの日初めて三者凡退に抑える。味方打線から3点をもらった直後の大事なイニングで、ようやく黒田らしい投球を見せた。

 黒田は5回も三者凡退に抑えると、6回は1死から四球を与えたが、中村を遊ゴロで併殺に仕留めて無失点。次の回の攻撃で代打を送られ、降板となった。

 この日は6回96球を投げて6安打5失点。不調の中、4回以降は投球を立て直したが、3回までの5失点が大きく響いた。防御率は3.46となった。

 一方、小川は梵に一発を浴びたものの、7回4安打3失点と好投。8、9回は救援陣がリードを守りきり、ヤクルトが5-4で勝利。首位巨人とのゲーム差を「0.5」とし、連敗を4で止めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中