野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 中日・吉見、今季初失点も7回1失点の力投 終盤の勝ち越しで貯金を再び1に

中日・吉見、今季初失点も7回1失点の力投 終盤の勝ち越しで貯金を再び1に

中日が1日、本拠地ナゴヤドームでのDeNA戦で終盤に勝ち越し、3-1の勝利を飾った。

吉見の連続無失点は25イニングでストップも、ルナが決勝打

 中日が1日、本拠地ナゴヤドームでのDeNA戦で終盤に勝ち越し、3-1の勝利を飾った。先発の吉見は今季4試合目の登板で初失点を喫したものの、7回を7安打6奪三振1失点と好投。打線も1-1で迎えた8回に2点を勝ち越して競り勝った。

 1点リードで迎えた6回、今季ここまで無失点ピッチングが続いていた吉見が初めて失点を喫した。四球と安打で1死一、三塁のピンチを招くと、6番バルディリスにレフト前にタイムリーヒットを許して同点とされた。これで開幕からの連続無失点は25イニングでストップした。

 それでも、7回までこの1点に抑えて降板。その吉見の好投に打線も奮起した。8回1死一、二塁の場面で4番ルナが相手先発の井納からセンターへ勝ち越しのタイムリーヒット。ここでDeNAは2番手の田中がマウンドへ上がったが、さらにナニータがタイムリーヒットを放ち、この回2点を奪った。

 その後、リードを守った中日が勝利。負ければ借金生活に突入する一戦で踏ん張り、貯金を再び「1」とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中