野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人の新外国人フランシスコがデビュー戦で魅せた 初安打が先制タイムリー

巨人の新外国人フランシスコがデビュー戦で魅せた 初安打が先制タイムリー

ジャイアンツの新外国人、ホアン・フランシスコ内野手がデビュー戦で貴重なタイムリーを放った。

巨人

7回に均衡破る貴重な先制タイムリー

 ジャイアンツの新外国人、ホアン・フランシスコ内野手がデビュー戦で貴重なタイムリーを放った。この日から出場選手登録され、東京ドームでの阪神戦に「5番・一塁」でいきなり先発。両チーム無得点で迎えた7回に相手先発・藤浪から先制の適時打をマークした。

 試合は巨人・ポレダ、阪神・藤浪の好投で投手戦となったが、フランシスコが均衡を破った。0-0の7回、4番・大田の二塁打で無死二塁の好機を作ると、ここで打席に。カウント2-2からの5球目、内角高めへのカットボールを捉え、痛烈な打球を一塁線に飛ばした。

 阪神ゴメスが飛びついたが、ボールはグラブを弾いて転々。その間に大田が生還し、巨人に貴重な先制点をもたらした。

 フランシスコは2回の初打席で空振り三振、4回も空振り三振に倒れていた。来日初ヒットが初タイムリーとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング