野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島が快勝で連敗を2で止める ジョンソン快投、ロサリオ激走、小窪満塁弾

広島が快勝で連敗を2で止める ジョンソン快投、ロサリオ激走、小窪満塁弾

広島は敵地でのヤクルト戦に6-2で勝利し、連敗を2でストップした。防御率リーグトップの広島先発ジョンソンが、立ち上がりから見事な投球を見せ、8回1失点の好投で無傷の3勝目。ヤクルトは6安打1得点と石川を援護できなかった。

1点リードの8回に代打・小窪が貴重な満塁弾

 広島は敵地でのヤクルト戦に6-2で勝利し、連敗を2でストップした。防御率リーグトップの広島先発ジョンソンが、立ち上がりから見事な投球を見せ、8回1失点の好投で無傷の3勝目。ヤクルトは6安打1得点と石川を援護できなかった。

 防御率4位のヤクルト石川、同じく1位の広島ジョンソンの両先発投手で始まった試合は、2回裏に動く。ヤクルトはこの回先頭、調子を上げてきている畠山がセンター前ヒットで出塁すると、続く雄平がレフトへツーベースを放つ。ここでロサリオの返球が逸れ、その間にサードで止まっていた畠山がホームへ激走し、ヤクルトが1-0と先制した。

 3回以降、ジョンソンは持ち前の制球力と切れの良い変化球でヤクルト打線から凡打の山を築く。一方の石川も、4回まで広島打線をノーヒットに抑える好投で、投手戦の様相を呈した試合は速いテンポで進んでいった。

 5回表、ここまでノーヒットに抑えられていた広島は、先頭のロサリオがサードへ高いバウンドのゴロを放ち、これが内野安打に。続く梵の打席でロサリオが盗塁を敢行。ヤクルトバッテリーはウエストしたものの、中村の送球が若干逸れ、無死二塁とチャンスが広がった。

 ここで鈴木誠也はセカンド後方へフライを打ち上げ、山田がバックステップを踏みながらキャッチ。山田の体制が悪いと見たロサリオは、思い切り良くタッチアップ。猛烈なスライディングでホームを陥れ、ロサリオの足で1-1の同点に追いついた。

 6回表、広島は先頭の菊池がセンター前ヒットで出塁、続く丸がサードへ送りバントを決めたが、菊地がオーバーランしてアウト。チャンスは潰えたかと思われたが、新井がライト線へツーベースを放ち2死二塁とすると、ロサリオがレフト線へタイムリーを放ち、広島が勝ち越し点を奪う。

 1点を追うヤクルトは7回裏、先頭の上田がヒットで出塁し、川端の内野ゴロで二塁に進む。1死二塁の場面で、打席には好調畠山。ジョンソンはカウント2-2からチェンジアップを投じると、タイミングを外された畠山はファーストへのファールフライに終わる。続く雄平も倒れ、ヤクルトは同点のチャンスを生かせない。

 8回表、広島は7回からマウンドに上がったロマンを攻める。先頭の田中がレフトへのツーベース、その後2四球で1死満塁とチャンスを広げる。ここでヤクルトは中澤をマウンドへ送り、広島の緒方監督は代打に小窪を告げる。

 小窪は中澤の初球を振り抜くと、打球は広島ファンが待ち受ける左中間スタンドへ飛び込むグランドスラム。思い切りの良いひと振りで、広島が6-1とリードを大きく広げた。

 ジョンソンは、8回115球5安打1失点の好投で、無傷の3勝目。広島は連敗を2で止め、ようやく10勝目となった。ヤクルトは先発石川が6回2失点と試合を作ったが、リリーフ陣が傷口を広げて敗れた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中