野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ソフトバンクを支える「勝利の方程式」 連覇へ、まだまだ上昇の余地あり

ソフトバンクを支える「勝利の方程式」 連覇へ、まだまだ上昇の余地あり

昨季の日本一ソフトバンクは、4月の戦いを終えた時点で26試合で13勝11敗2分けの貯金2、首位を走る日本ハムと2・5ゲーム差、西武と肩を並べての2位だった。そのソフトバンクの3、4月の投手陣の内容を総括してみたい。

完璧な仕事ぶりを見せるセットアッパーのバリオス、守護神のサファテ

 昨季の日本一ソフトバンクが、4月29日の日本ハム戦(札幌D)に快勝して、3、4月の戦いを終えた。4月の戦いを終えた時点で26試合で13勝11敗2分けの貯金2、首位を走る日本ハムと2・5ゲーム差、西武と肩を並べての2位だった。そのソフトバンクの3、4月の投手陣の内容を総括してみたい。

 今季、ここまでのソフトバンク投手陣の中で特筆すべきは、リリーフ陣の存在だ。特に「勝利の方程式」が完璧な仕事ぶりを見せている。

 セットアッパーを任されているバリオスは10試合、守護神のサファテは12試合に登板して、ともに防御率0・00(バリオスは1失点しているが、自責点0)。5月最初の試合だった1日のオリックス戦(京セラD)でも、勝ち越した延長10回にサファテが登板。満塁のピンチを招いたが、最後は伊藤を空振り三振に切り、無失点を継続させた。

 この鉄壁のバリオス、サファテのリレーに加えて、4月17日からは昨季セットアッパーを務めた五十嵐亮太が1軍に復帰。キャンプ中に右ふくらはぎを痛めて出遅れていたが、約半月遅れて、戦線に戻ってきた。ここに、左キラーの森福允彦が加わる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中