野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ有が米市民権取得の希望を明かす 手術後のリハビリも順調

右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けて今季絶望となったレンジャーズのダルビッシュ有投手が、順調なリハビリの進捗状況を報告するとともに、近い将来の米国の市民権取得を希望している。

20150214_dal

地元メディアの取材に答える リハビリは「ポジティブな気持ちで取り組んでいる」

 右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けて今季絶望となったレンジャーズのダルビッシュ有投手が、順調なリハビリの進捗状況を報告するとともに、近い将来の米国の市民権取得を希望している。地元紙「スターテレグラム」が「ユウ・ダルビッシュのリハビリは順調だが、彼の英語は遅れている」との見出しで報じた。

 3月17日に手術を受けたダルビッシュは、順調なリハビリを進めている。すでに患部を固定していたギブスは外れ、1週間に5回、チームドクターのキース・マイスター氏の病院でリハビリを行っているという。絶対安静の時期は過ぎ、腕の可動域を広げるリハビリに加え、肩と前腕部の筋肉強化を行う段階までリハビリメニューは進んでいるとしている。

「今では色々なことが便利に出来るようになりました。毎日、ポジティブな気持ちでリハビリに取り組んでいる。他の手術を受けた選手よりもだいぶ痛みが少ない。メニューを進めようと思えばできるけれど、僕はゆっくり進めて、復帰に向けて正しい道を歩きたいと思っている」

 通訳を介してこう語ったダルビッシュだが、リハビリを進める間に新たなモチベーションが生まれているという。アメリカの市民権の取得だ。

人気記事ランキング