野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAがヤクルト撃破で両リーグ最速20勝 貯金は今季最多の6に

DeNAが6日、ヤクルトを下し、5連勝で両リーグ最速で20勝に到達。貯金を今季最多となる6とし、首位を守った。先発した三嶋一輝投手が2連勝で3勝目を挙げた。

三嶋が2連勝で3勝目

 DeNAが6日、ヤクルトを下し、5連勝で両リーグ最速で20勝に到達。貯金を今季最多となる6とし、首位を守った。先発した三嶋一輝投手が2連勝で3勝目を挙げた。

 初回、2死二塁から筒香がセンター前ヒットを放ったが、本塁を狙った二塁走者・梶谷はタッチアウト。先制機を逃した。

 先発・三嶋は4回にピンチを迎える。2安打を浴び、2死一、二塁。ここで対峙した西田にレフトへの大飛球を打たれた。しかし、これを筒香がフェンス際でジャンピングキャッチ。ヤクルト・真中監督はフェンスに跳ね返って捕ったのではないかとアピールし、ビデオ判定が行われたが、覆らず。無失点で切り抜けた。

 その裏、待望の先制点が生まれた。先頭・梶谷が四球を選 び、1死二塁からロペスが先制のタイムリー。1点を先行した。

 好調な打線の勢いは止まらない。6回1死から筒香、ロペス、バルディリスが3連続安打で満塁。ここでヤクルトは石山から秋吉にスイッチしたが、続く関根が右中間へ走者一掃の3点三塁打。2年目外野手の殊勲の一打で、4―0とリードを広げた。

 しかし、三嶋が7回に捕まった。2死から西浦に安打を浴びると、続く代打・森岡に2ランを被弾し、2点差に迫られた。

 それでも、8回は三嶋からバトンを受けた田中が3者凡退に。9回はルーキー守護神・山崎が締め、12セーブ目を記録した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中