野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 2試合連続で先発外れたイチローは代打で三ゴロ 青木宣親は1安打1四球

2試合連続で先発外れたイチローは代打で三ゴロ 青木宣親は1安打1四球

マーリンズのイチロー外野手は9日(10日)、敵地でのジャイアンツ戦で2試合続けて先発から外れ、代打で三ゴロに終わった。青木宣親外野手は「1番・左翼」で先発出場し、4打数1安打1四球。試合はマーリンズが6-2で勝利した。

20150510_ichiro_aoki

試合はマーリンズが快勝

 マーリンズのイチロー外野手は9日(10日)、敵地でのジャイアンツ戦で2試合続けて先発から外れ、代打で三ゴロに終わった。青木宣親外野手は「1番・左翼」で先発出場し、4打数1安打1四球。試合はマーリンズが6-2で勝利した。

 青木は初回、相手先発フェルプスの前に二ゴロに倒れる。3回は二塁への内野安打で出塁するも、続くパニクが凡退して得点にはつながらなかった。

 すると、マーリンズは4回、昨年のワールドシリーズMVP左腕バムガーナーから4番・オズナが先制ソロ。さらに、エチャバリアの2点二塁打も飛び出し、この回3点を奪った。

 ジャイアンツは5回に1点を返し、なおも2死二塁のチャンス。青木はここで四球を選び、チャンスを広げる。しかし、続くパニクは一ゴロに倒れた。

 3-1の7回、マーリンズは先頭のピッチャー・フェルプスに代えて、イチローを打席に送る。ここでジャイアンツは右腕コントスから左腕ロペスにスイッチ。イチローは2ボール1ストライクから83マイル(約134キロ)のツーシームを打ったが、三塁マギーの正面を突くゴロに終わった。イチローは守備には就かず、そのまま交代した。

 ジャイアンツはその裏、1死一、二塁とチャンスを作り、青木に打席が回る。1ボールから中継ぎ右腕ラモスの直球を叩くと、センターへの大きな当たりに本拠地AT&Tパークのスタンドから大きな歓声が上がったが、オズナがワーニングトラック手前で捕球した。

 マーリンズは8回、ソラーノの2点二塁打、エチャバリアのタイムリー内野安打で3点を追加。その後、リリーフ陣がリードを守り、快勝した。青木は9回1死一塁での第5打席ではセンターフライに倒れた。

 イエリッチの復帰で2試合連続でベンチスタートとなったイチローだが、開幕から全31試合に出場して打率2割7分9厘。3打数1安打の青木は打率2割7分6厘となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング