野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが2位巨人との首位攻防に勝ち越し2.5差 高木勇はプロ初黒星

DeNAが首位攻防戦を4-2で制し、2位巨人とのゲーム差を2.5に広げた。同点の8回に倉本が勝ち越しタイムリー。9回は守護神のルーキー山崎康が締め、今季14セーブ目をマークした。

full-count11

山崎康は14セーブ目、巨人の高木勇は開幕5連勝でストップ

 DeNAが首位攻防戦を4-2で制し、2位巨人とのゲーム差を2.5に広げた。同点の8回に倉本が勝ち越しタイムリー。9回は守護神のルーキー山崎康が締め、今季14セーブ目をマークした。巨人のルーキー高木勇はプロ初黒星で、開幕からの連勝が5でストップ。首位攻防3連戦はDeNAが2勝1敗で勝ち越した。

 巨人は初回、DeNAの先発・須田から1死二塁のチャンスを作るも、亀井はショートゴロに倒れる。しかし、続く4番・大田がセンター前に弾き返した。4番の待望の今季初タイムリー。巨人が幸先良く先制した。

 一方、DeNA打線は開幕4連勝中のルーキー高木勇の前に1回は三者凡退。しかし、2回は1死一塁からバルディリスがセンターへのタイムリーツーベースを放ち、同点に追いついた。さらに、3回は2死から連打で一、二塁とし、主砲の4番・筒香がレフトへタイムリー。逆転に成功した。

 4回は両チームともに三者凡退。DeNAは5回に2死一、三塁とチャンスを作るも、ここは筒香が高木勇に三邪飛に打ち取られ、追加点を奪うことは出来なかった。

 7回、巨人は2番手エレラを攻め、大田のヒットなどで2死三塁のチャンス。ここで井端がレフトに運び、同点に追いついた。

 高木勇はその裏、白崎を空振り三振、石川をショートゴロ、関根を空振り三振と三者凡退に仕留める。一方、巨人打線も8回は3番手田中の前に三者凡退に打ち取られた。

 その裏、DeNA打線は1死から筒香がライト前ヒット。ロペスもツーベースで続いて二、三塁となると、高木勇は代打・後藤を歩かせて満塁策を取る。ここで、倉本がライトへの勝ち越しタイムリー。高木は暴投でさらに1点を失い、ここで降板となった。2番手田原は後続を打ちとった。

 9回、DeNAは守護神のルーキー山崎康が登板。大田にヒットを浴びたが無失点に抑え、今季14セーブ目を上げた。DeNAは巨人との首位攻防3連戦に勝ち越した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング