野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人の4番・坂本が待望の1号 決勝2ランに「久しぶりに気持ちいい打撃」

巨人の4番・坂本が待望の1号 決勝2ランに「久しぶりに気持ちいい打撃」

巨人の坂本勇人内野手が待望の今季初本塁打でチームを勝利に導いた。0-0の6回1死二塁で、相手エース小川から左翼席に先制2ラン。巨人の先発ポレダも好投し、投手戦となった一戦で均衡を破った。これが決勝点となり、巨人は2-1で勝利した。

巨人

小川から均衡破る決勝2ラン、初の“4番弾”に「何とか期待に応えたい」

 巨人の坂本勇人内野手が待望の今季初本塁打でチームを勝利に導いた。0-0の6回1死二塁で、相手エース小川から左翼席に先制2ラン。巨人の先発ポレダも好投し、投手戦となった一戦で均衡を破った。これが決勝点となり、巨人は2-1で勝利した。

 試合後にはお立ち台に上がり「全然いいバッティングが出来ていなくて、久しぶりに気持ちいいバッティングができました。なかなか結果が出てないんですけど、監督も期待を込めて4番に使ってくれてるんで、何とかその期待に応えたいという心境で打席に立ってます」と安堵の表情で振り返った。

 代走の鈴木尚を一塁に置いての一発。「尚広さんがランナーにいて、(小川は)ランナーを気にしてたので、速い系の真っ直ぐ、カットを思い切って狙えた。尚広さんのおかげでもあると思います」。バッテリーにプレッシャーを描けた“代走の神様”への感謝も忘れなかった。

人気記事ランキング