野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス安達が今季1号V弾 「まさか入るとは。久々にうれしかった」

オリックスの安達了一内野手が値千金の1号決勝2ランで勝負を決めた。6回、2死二塁で打席に立った安達はカウント1-1から吉川のチェンジアップをフルスイング。左翼スタンドへと運んだ。

オリックス

6回に決勝2ラン、5連勝の先発ディクソンには「本当に助かってます」

 オリックスの安達了一内野手が値千金の1号決勝2ランで勝負を決めた。

 敵地での日本ハム戦は投手戦に。オリックスのディクソン、日本ハムの吉川が5回まで無失点と好投を続けた。6回、2死二塁で打席に立った安達はカウント1-1から吉川のチェンジアップをフルスイング。左翼スタンドへと運んだ。

 ディクソンは7回まで無失点と好投すると、佐藤達、平野の完封リレーでオリックスが2-0で勝利。安達の先制2ランが決勝弾となった。

 試合後、安達はヒーローインタビューで「嬉しいですけど、本当にたまたま打てたので良かったです。ディクソンも頑張ってたので、何とか1点という気持ちで入りました」と振り返った。

 今季1号が値千金の一発。「手応えは抜けたと思ったんですけど、まさか入るとは思わなかったです。久々にうれしかったです」。この日も安定感抜群の投球で5連勝飾ったディクソンに「毎回いいピッチングをしてくれるので、本当に助かってます」と感謝した。

 まだ借金10と苦しい戦いが続く。安達は「この流れに乗って、どんどん(調子を)上げていきたいと思います。明日も勝ちます」と誓っていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング