野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 自らの決勝打で4勝目の巨人・杉内 「何とか打ってやろうと」

自らの決勝打で4勝目の巨人・杉内 「何とか打ってやろうと」

巨人の杉内俊哉投手が6回2失点の粘投で4勝目(1敗)を挙げた。4回には自らのバットで決勝打を放つ活躍で、チームは2連勝。首位DeNAを3ゲーム差で追走している。

巨人東京ドーム

“本職”でも6回2失点の熱投、鮮やかタイムリーには「うまい具合に当たってくれた」

 巨人の杉内俊哉投手が6回2失点の粘投で4勝目(1敗)を挙げた。4回には自らのバットで決勝打を放つ活躍で、チームは2連勝。首位DeNAを3ゲーム差で追走している。
 
 試合後にお立ち台に立った杉内は「昨日、ポレダが素晴らしいピッチングをしたので、その流れに乗りたかった。味方に2点取ってもらってすぐに追いつかれたので、何とか自分の打席の時に打ってやろうという気持ちでヒットが出て良かったです」と笑顔で振り返った。

 3回に亀井、坂本の連続タイムリーで2点を先制してもらいながら、4回に川端に2ランを浴びた。しかし、その裏に2死三塁で鮮やかなセンター前タイムリー。自らのバットで勝ち越し点を奪った。

「どんなヒットでもいいので食らいつこうと思って打席に入りました。うまい具合に(バット)に当たってくれました」

 執念の決勝打をこう振り返った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中