野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルトが連敗を「9」でストップ 巨人・高木勇は単独トップ6勝目ならず

ヤクルトが連敗を「9」でストップ 巨人・高木勇は単独トップ6勝目ならず

ヤクルトは巨人を2-0で破り、連敗を「9」で止めた。先発の石山が6回無失点と好投し、リリーフ陣も無失点リレー。打線は5勝を上げている巨人のルーキー高木勇から少ないチャンスを生かして2点をもぎ取った。

東京ヤクルト神宮

ヤクルトは無失点リレー、巨人の高木勇は8回2失点も打線が沈黙

 ヤクルトは巨人を2-0で破り、連敗を「9」で止めた。先発の石山が6回無失点と好投し、リリーフ陣も無失点リレー。打線は5勝を上げている巨人のルーキー高木勇から少ないチャンスを生かして2点をもぎ取った。巨人は打線が沈黙。高木は好投したが、リーグトップの6勝目を挙げることは出来なかった。

 試合は立ち上がりから巨人・高木勇、ヤクルト・石山の投手戦に。2回まで共に危なげない投球を見せる。

 試合が動いたのは3回。ヤクルト打線はヒットとエラーなどで2死一、三塁とすると、上田がライトへとタイムリー。高木から先制点を奪った。

 その裏、巨人は1死一、二塁とするも、井端はセカンドライナー。二塁走者の堂上が飛び出し、ダブルプレーでチェンジとなった。

 4回はともに三者凡退。5回、巨人は2死一、三塁と好機を作るも、橋本はセンターフライと1点が奪えない。6回はヤクルトが2死二塁としたが、ここは高木勇が畠山を空振り三振に仕留めた。その裏、巨人は無死一塁で亀井がショートフライに倒れると、スタートを切っていた代走の片岡は戻りきれず、ダブルプレーに終わった。

 7回、ヤクルト打線は1死二塁とチャンスを作り、荒木が左中間を破るタイムリーツーベース。貴重な追加点を奪った。

 その裏、巨人は2番手・中澤から無死一、二塁とチャンスを作るも、村田が3番手ロマンの前に痛恨のダブルプレー。堂上もセカンドゴロに倒れ、どうしても奪えない。

 援護がない中、高木勇は8回4安打2失点(自責1)と好投し、マウンドを降りた。

 ヤクルトは8回をオンドルセク、9回をバーネットと無失点と久々に勝ちパターンの継投が復活。2-0で勝利をもぎ取り、ついに長いトンネルを抜けた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング