野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 吉見の登板回避の危機救った中日・武藤が初勝利 「最初は戸惑ったけど…」

吉見の登板回避の危機救った中日・武藤が初勝利 「最初は戸惑ったけど…」

中日の武藤祐太投手が緊急先発で5回無失点と好投し、今季初勝利を挙げた。本拠地の阪神戦は吉見が先発予定だったが、体調不良で登板を回避。その穴を武藤が埋め、6-1で勝利した。

球場に来てから緊急先発を告げられ、5回無失点の好投で今季初勝利

 中日の武藤祐太投手が緊急先発で5回無失点と好投し、今季初勝利を挙げた。本拠地の阪神戦は吉見が先発予定だったが、体調不良で登板を回避。その穴を武藤が埋め、6-1で勝利した。

 試合後、お立ち台に上った右腕は、緊急先発について「朝(球場に)来て(森)ヘッド(コーチ)に『今日先発』と言われて。最初は戸惑ったんですけど、しっかり1人1人投げようと思って」と振り返った。

 走者を出しながらも要所を締めて5回無失点。右腕は「(良かったのは)腕を触れたところじゃないですか」と振り返る。「野手の皆さんにも助けてもらった」。1軍に復帰した2番手・浅尾が1回を無失点に抑えるなど、武藤が「託しました」と言う救援陣の好投も大きかった。

 打線も必死に1点1点を奪いに行った。1点を先制した直後の3回2死二、三塁ではエルナンデスが一塁へのゴロを打ちながら、ヘッドスライディングでヒットをもぎ取り、2者の生還を呼んだ。武藤とともにお立ち台に上ったエルナンデスは「とにかく何とかセーフになろうと思って、一生懸命走りました。(入ったのが)1点だけじゃなくて自分もびっくりしました。ランナーがしっかり走ってくれてとてもうれしかったです」と振り返った。

 武藤は「本当は(今日は)吉見さんだったんですけど、次は自分がちゃんと投げて勝てるように頑張りたいです」と誓った。アクシデントを乗り越えた中日にとっては、大きな1勝となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中