野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 走らなくても脅威? 巨人・鈴木尚広の足の魅力

走らなくても脅威? 巨人・鈴木尚広の足の魅力

「プレッシャーはかけられたんじゃないですかね」 巨人・鈴木尚広は涼しい顔で振り返る。

代走のスペシャリスト、走らなくても相手の脅威に

「プレッシャーはかけられたんじゃないですかね」

 巨人・鈴木尚広は涼しい顔で振り返る。今や代走のスペシャリスト。1点がほしい終盤の緊迫した場面でベンチから出てくる。相手にしてみれば脅威の存在だ。一塁にいれば、二盗を警戒する。二塁にいれば、1本のヒットで生還してしまう。三塁にいれば、内野ゴロでも1点が入ってしまう。バッテリーの警戒度はがらりと変わる。

 そんな鈴木が走らなくても、勝ち越し点に結びついた試合があった。5月15日、東京ドームのヤクルト戦である。冒頭の言葉はその試合についてである。

 両チーム無得点の7回裏、先頭打者の亀井善行がヒットで出塁。原監督は4番・坂本勇人の打席で、すかさず、鈴木を代走に送った。ヤクルトの先発はエースの小川泰弘。好投を続ける右腕を打ち崩す数少ないチャンスだった。

 小川は警戒し、けん制を2度、3度、入れた。鈴木は動じない。小川の集中力は4番打者と一塁走者に分散されていた。坂本がお立ち台で言った。

「尚広さんがランナーにいて、(小川は)ランナーを気にしていたので、速い系の真っ直ぐ、カットボールを思い切り狙えました」

 ボールを絞り込むことができ、打席でタイミングを計りやすくなっていた。その結果、左中間席へ決勝の1号2ランが飛び出したのだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中