野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が8回に逆転で巨人に快勝 横山好投、鳥谷が劇的決勝タイムリー

阪神が8回に逆転で巨人に快勝 横山好投、鳥谷が劇的決勝タイムリー

阪神が甲子園で行われた巨人との一戦を2-1で制し、このカードの勝ち越しを決めた。阪神は0-1で迎えた8回、新井良の犠飛と鳥谷のタイムリーで逆転に成功、そのまま逃げ切った。

阪神甲子園

7回1失点の巨人マイコラスはまたも来日初勝利ならず

 阪神が甲子園で行われた巨人との一戦を2-1で制し、このカードの勝ち越しを決めた。阪神は0-1で迎えた8回、新井良の犠飛と鳥谷のタイムリーで逆転に成功、そのまま逃げ切った。巨人は先発のマイコラスが7回途中2安打無失点、9奪三振の快投を見せたが、リリーフが粘りきれなかった。阪神はプロ入り初先発の横山が7回1失点と好投、見事な逆転劇で連勝を飾った。

 プロ入り初先発となった阪神の横山は、巨人打線に臆することなく、見事な立ち上がりを見せる。キレのあるストレートを小気味よく投げ込み、3回までノーヒットピッチング。

 一方の巨人先発マイコラスも、序盤から見事なピッチング。1回裏、鳥谷と西岡を連続三振に切って取ると、5回途中まで一人のランナーも許さない。この回は2死から、伊藤に詰まった当たりのレフト前ヒットを許したものの、後続を断った。

 すると巨人は6回表、1死から亀井がレフトへのツーベースヒットで出塁。2死からアンダーソンがレフトへタイムリーツーベースを放ち、巨人が貴重な先制点を挙げる。

 巨人は7回にも、先頭の長野がヒットで出塁すると、犠打と大田のヒットで2死ながら一、三塁のチャンスを作る。打席に入った片岡はファールで粘りを見せたものの、最後は横山のストレートに押されてセカンドゴロに倒れ、追加点を奪うことはできない。

 マイコラスは8回、先頭の福留がセカンドへの内野安打で出塁したところで降板。7回0/3を投げ、2安打無失点、9奪三振の見事な内容でマウンドを降りた。しかし巨人は、山口が犠打と四球で1死一、二塁とピンチを広げてしまう。ここで原監督はマウンドにマシソンを送るが、これが大誤算。代打・狩野にデッドボールを当てて1死満塁とすると、続く代打・新井良がセンターへの犠牲フライを打ち上げ阪神が同点に追いつく。さらに続く鳥谷がライト前にタイムリーを放ち、阪神が遂に逆転に成功する。

 阪神は9回を呉昇桓が締め、2-1で勝利。巨人との投手戦を制し、このカードの勝ち越しを決めた。巨人はマイコラスの好投むなしく、リリーフ陣が踏ん張れず痛い逆転負けとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング