野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 大谷は開幕7戦7勝ならずも黒星消えた 中田同点弾、西川サヨナラ打で首位

大谷は開幕7戦7勝ならずも黒星消えた 中田同点弾、西川サヨナラ打で首位

日本ハムは8回に中田が同点2ラン、9回には西川がサヨナラ打を放ち、6-5で劇的勝利。首位に立った。

日本ハム

大谷は7回に突如乱れてワースト5失点

 日本ハムの大谷翔平投手は、本拠地でのソフトバンク戦で7回途中5失点と乱れ、球団史上初の開幕7戦7勝はならなかった。6回まではほぼ完璧な投球を続けていたが、7回に突如乱れて一気に5点を奪われた。しかし、日本ハムは8回に中田が同点2ラン、9回には西川がサヨナラ打を放ち、6-5で劇的勝利。首位に立った。

 大谷はこの日も初回から相手打線に付け入るスキを与えない。今宮をセンターフライ、中村晃を空振り三振で2アウト。柳田には外角低めを左中間に運ばれて二塁打とされたが、内川はフォークで遊ゴロに打ち取った。

 2回は李大浩をセカンドフライに打ち取ると、松田、明石を連続空振り三振で三者凡退。3回は福田のニゴロを一塁の中田が捕球ミスで先頭打者を出したが、高谷は三邪飛に打ち取る。今宮は送りバントで2死二塁とされたが、中村晃は捕邪飛に仕留めた。

 すると、日本ハム打線はその裏に1死二塁から西川がレフトへタイムリー。エースを援護する。

 大谷は4回、2死から李大浩に四球を与えるも、松田はピッチャーゴロで3アウト。5回は明石を遊ゴロ、福田は一ゴロ、高谷は二直と、決め球はすべて直球で三者凡退に抑えた。

 その裏、日本ハム打線はさらに大谷をサポートする。2死二塁から中島卓がレフト前タイムリー。さらに、続く田中もセンターへ2者連続となるタイムリーを放ち、2点を追加して3点差とした。

 6回、大谷は先頭の今宮をピッチャーゴロに仕留めると、中村晃、柳田は連続空振り三振に切って取った。

 ギアがさらに上がったかに見えた大谷だが、7回につかまる。1死から高田にレフト前ヒットを打たれると、松田を空振り三振に仕留めてから、明石に四球を与える。福田にはレフトへのヒットを浴びて2死満塁の大ピンチ。ここで吉村にセンター前ヒットを浴び、2点を失った。

 さらに、今宮には8球粘られて四球。再び満塁とされ、中村晃への4球目が暴投となって3点目を失う。さらに、センターへの2点打を浴びて5失点。ここで無念の交代となった。2番手・谷本は柳田にライトへのヒットを打たれたものの、内川をショートゴロに仕留め、追加点は許さなかった。

 球団史上初の開幕7戦7勝を狙った大谷は、まさかのKOで6回2/3を5安打5失点。0.86だった防御率は1.66まで悪化した。

 ソフトバンクは8回、セットアッパーのバリオスが登板。17試合連続ホールドの日本タイ記録を達成していた右腕だが、中田が無死一塁から同点弾。バリオスの新記録達成を阻止する豪快な一撃で、大谷の黒星も消した。

 9回、日本ハムは1死で杉谷が森福からレフト前ヒット。続く西川が左中間へのタイムリーツーベースを放ってサヨナラ勝ち。熱戦にケリをつけた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング