野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人が8回に一挙4点で逆転 片岡が同点打、坂本が決勝タイムリーで2連勝

巨人が8回に一挙4点で逆転 片岡が同点打、坂本が決勝タイムリーで2連勝

巨人が逆転で中日を破り、2連勝を飾った。1点を追う8回、それまで抑えこまれていた相手先発・大野から4安打などで4点を奪い、逆転に成功。救援陣がリードを守り、4-1で快勝した。

巨人

好調の中日・大野から8回に一挙4点でDeNAと2差

 巨人が逆転で中日を破り、2連勝を飾った。1点を追う8回、それまで抑えこまれていた相手先発・大野から4安打などで4点を奪い、逆転に成功。救援陣がリードを守り、4-1で快勝した。

 巨人は立ち上がりから好調の相手左腕・大野の前にゼロ行進が続く。一方、先発の杉内も走者を出しながら粘投を見せていたが、6回にルナにレフトへのソロを浴び、先制を許した。

 打線は大野の前に5回までノーヒット。6回には2死から長野が初ヒットを放ったが、代打の片岡が中飛。7回は亀井、アンダーソンのヒットで1死一、三塁とチャンスを作ったが、井端、矢野が打ちとられて無得点に終わった。

 しかし、8回にようやく大野をつかまえる。先頭の相川、代打・阿部が連打を放つと、長野は四球で無死満塁のチャンス。ここで片岡がショートへの内野安打を放ち、まずは同点に追いつく。

 亀井のショートフライの後、坂本がセンターへ勝ち越し2点タイムリー。さらに、橋本がセンターへの犠飛を放ち、3点差とした。一挙4点を奪い、大野をマウンドから引きずり下ろした。

 8回は山口、マシソン、9回は守護神・澤村が抑えて快勝。鮮やかな逆転勝利で2連勝を飾り、首位DeNAと2ゲーム差とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング