野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 上原浩治が1球締め レッドソックスは連敗を3でストップ

上原浩治が1球締め レッドソックスは連敗を3でストップ

レッドソックスの上原浩治投手が28日(日本時間29日)の古巣のレンジャーズ戦で9回2死二塁の場面で登場。わずか1球で締めて5-1の勝利に貢献した。セーブはつかなかった。これでレッドソックスは連敗を3で止めた。

レッドソックス

9回2死二塁の場面で登場、ライトフライに打ち取る

 レッドソックスの上原浩治投手が28日(日本時間29日)の古巣のレンジャーズ戦で9回2死二塁の場面で登場。わずか1球で締めて5-1の勝利に貢献した。セーブはつかなかった。これでレッドソックスは連敗を3で止めた。

 5-0とリードして迎えた9回に2番手の左腕ラインが1点を失い、さらに2死二塁とピンチが続く。この場面で上原に出番がやってきた。

 打席にはアンドラス。その初球、87マイル(約140キロ)のファストボールをライト方向に強打されたが、カスティーヨがフェンス際でナイスキャッチ。わずか1球で試合を締めくくった。

 セーブはつかなかった上原だが、今季2勝1敗10セーブで防御率1・76と安定した投球を残している。一方、先発したレッドソックスのエドゥワルド・ロドリゲス投手はこの日がメジャーデビュー戦だった。7回2/3を投げ、3安打7奪三振2四球で無失点という堂々のピッチングでメジャー初白星を手にしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中