野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・橋本、地元仙台で11回延長に決勝打 「僕の1つの夢だった」

巨人・橋本、地元仙台で11回延長に決勝打 「僕の1つの夢だった」

仙台で育ち、仙台育英高から巨人へ入団した橋本は試合後のヒーローインタビューで笑顔を浮かべた。

full-count18

久しぶりのスタメン出場に「最初緊張」も勝利に貢献

 巨人が30日、敵地での楽天戦で延長11回に2点を勝ち越し、5-3で勝利した。3-3で迎えた11回2死二塁で1番橋本が相手6番手の長谷部からレフトへタイムリー二塁打を放った。さらに橋本は三盗を狙った場面で長谷部の三塁への悪送球を誘い、5点目のホームを踏んだ。

 仙台で育ち、仙台育英高から巨人へ入団した橋本は試合後のヒーローインタビューで地元での活躍に「育ったこの仙台で活躍する姿を見せるのが僕の1つの夢だった。こうして結果を出せてよかったです」と笑顔を浮かべた。

「思い過ぎると空回りするタイプ」と自身を評しながらも知人が見守った一戦に「何とかいいところを見せたいと思っていた」。

 5月17日のヤクルト戦以来となるスタメン出場に「最初は緊張した」と振り返りながらも、決勝打を含む2本の二塁打を放つなど勝利に貢献。「僕自身は結果を出して勝利に貢献するだけ。明日勝ち越して東京に帰りたい」とさらなる活躍を誓った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング