野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ミズノのNPB公式球が太平洋越えも? 米メディアが品質を絶賛

ミズノのNPB公式球が太平洋越えも? 米メディアが品質を絶賛

不正投球についての議論が吹きすさぶアメリカで、地元メディアや往年の名投手がメジャー球の滑りやすさと比べながら、NPB公式球であるミズノのボールを絶賛している。

full-count10

MLB公式球の滑りやすさから生まれるメジャーの不正投球問題、NPB公式球なら「粘着質の添加物は不要」

 不正投球についての議論が吹きすさぶアメリカで、地元メディアや往年の名投手がメジャー球の滑りやすさと比べながら、NPB公式球であるミズノのボールを絶賛している。ニューヨークの地元紙ニューズ・デイが報じている。

 メジャーリーグでは投球の際に外的物質を用いることを明確に禁止しているが、時に寒い日の試合では松ヤニやサンスクリーンとロージンバッグを混ぜた物体を用いて、ピッチャーがグリップを良くすることが慣習化している現状がある。

 2014年、ヤンキースのマイケル・ピネダ投手が試合中に首に松ヤニを塗り、退場と出場停止処分を受けたことをきっかけに、メジャーでは粘っこい議論がなされてきた。投球時にすっぽ抜けて打者を命の危険に晒すことのないよう、“暗黙の了解”と化したとすら言われる投手の滑り止め使用を公認すべきか否か。白熱の議論は解決を見ないままに今季を迎えていた。

 記事では、今季も「つややかで粘り気のある腕」が原因で複数の投手たちが出場停止の裁定を下されている現状を指摘しながらMLBの不正投球問題を取り上げ、解決手段の一つに「ボールそのものの手触りを向上させること」を挙げている。

「もう一つの選択肢は、より納得がいくものだろう。日本におけるMLB、ニッポン・プロフェッショナル・ベースボールを模倣し、野球のボールそのものの手触りを向上させることだ。ミズノ製の野球のボールは革の質感と粘着性を保っており、箱から直接つかんで使うのに適している。粘着質の添加物は、合法であろうとなかろうと不要だ」

 記事ではこう紹介されている。

人気記事ランキング