野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 実は2軍も… 阪神が“親子”で9回逆転満塁弾くらう

実は2軍も… 阪神が“親子”で9回逆転満塁弾くらう

予期せぬ幕切れに甲子園の阪神ファンからは怒号と悲鳴が飛んでいた。

阪神甲子園

珍事、阪神1軍&2軍が同日に逆転満塁被弾

 予期せぬ幕切れに甲子園の阪神ファンからは怒号と悲鳴が飛んでいた。

 2日の阪神-ロッテの交流戦。阪神は3-2の1点リードで9回、クローザーの呉昇桓がマウンドに上がった。ハフマンをサードフライ、岡田を三振に取り、あと1人。しかし、そこから打ち取ったような打球が2本、続けてヒットになり、四球と合わせて2アウト満塁に。3番の角中にフルカウントから内角高めのカットボールを思い切り、引っ張られ、グランドスラムを浴びた。逆転の一撃で3-6。次の攻撃でやりかえす気力は、阪神ナインには残ってはいなかった。

 呉昇桓が1試合4失点を喫するのは来日初のこと。それだけ珍しい大量失点だった。野球は2死からというが、9回ツーアウトからの起死回生の一発を放つのも、かなりレアなケース。それを満塁弾で決める場面は、そうあることではない。偶然に偶然が重なった。

 しかし、重なった偶然はこれだけではなかった。

 甲子園からすぐそばにある阪神2軍の鳴尾浜球場。そこで行われたウエスタンリーグ・オリックス戦でのこと。試合はオリックスが阪神に8-4で勝利したが、その一戦でも阪神は9回に逆転満塁ホームランを浴びていた。

人気記事ランキング