野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大、復活の3勝目! 最速154キロの力投で7回1失点9K

田中将大、復活の3勝目! 最速154キロの力投で7回1失点9K

ヤンキースの田中将大投手が3日(日本時間4日)、敵地でのマリナーズ戦で復帰登板に臨み、7回3安打9奪三振無四球1失点の好投を見せ、今季3勝目(1敗)を挙げた。

負傷乗り越え、4月18日のレイズ戦以来、約1か月半ぶり白星

 ヤンキースの田中将大投手が3日(日本時間4日)、敵地でのマリナーズ戦で復帰登板に臨み、7回3安打9奪三振無四球1失点の好投を見せ、今季3勝目(1敗)を挙げた。4月23日のタイガース戦の先発を最後に右手首の炎症と右前腕部の張りで故障者リスト(DL)入り。久しぶりのマウンドでハイクオリティー・スタート(HQS、7回以上を自責2以内)の力投で、チームを3-1の勝利に導いた。ヤンキースはこれで3連勝。ア・リーグ東地区首位を走る名門に、頼もしいエースが戻ってきた。

 注目の初回。田中は先頭のモリソンを144キロのスプリットで空振り三振に仕留めると、オースティン・ジャクソンをサードゴロ、カノをショートゴロに打ち取り、10球で切り抜ける。

 2回、ヤンキースは相手先発のウォーカーから4番テシェイラがソロ弾を放ち、1点を先制。

 援護を受けた田中はその裏、リーグトップの18本塁打を誇る4番クルーズを2球で追い込むと、内角高めへの131キロのスライダーで見逃し三振に。5番シーガーも見逃し三振に仕留める。セス・スミスの打球はセンターに抜けるかに見えたが、セカンドのドルーが好守を見せ、この回も3人で打ち取った。

 しかし3回、ピンチを招く。先頭の7番ミラーに甘く入ったツーシームをとらえられ、右中間へ三塁打。続くアクリーにもレフトオーバーのタイムリー二塁打を浴び、同点に。

 ズニーノは見逃し三振に仕留めるも、モリソンにレフト前ヒットを許す。しかし、ここはレフトのフローレスが好返球を見せ、二塁走者の本塁生還を阻止。守備に助けられた田中は続くオースティン・ジャクソンを見逃し三振とし、この回1失点で切り抜けた。

 ヤンキース打線は直後の4回にジョーンズが2死一塁から2ランを放ち、再びリードを奪う。その裏、田中は先頭のカノをセカンドゴロ、クルーズをセンターフライに打ち取ると、シーガーを146キロのスプリットで空振り三振に仕留めた。

 5回は先頭のセス・スミスをショートゴロ、ミラーをセカンドゴロに打ち取ると、アクリーは152キロのストレートで見逃し三振に。6回はズニーノをセンターフライ、モリソンを見逃し三振、オースティン・ジャクソンをサードゴロに打ち取る。

 7回もマウンドに上がった田中は先頭のカノをショートフライ、クルーズをセカンドフライ、シーガーをこの日最速の154キロのストレートで見逃し三振に仕留めた。ここで78球に達した右腕はこの回で降板。その後、救援陣がリードを守りきり、4月18日のレイズ戦以来となる白星を挙げた。

 試合途中には女房役のマッキャンが負傷し、2回の守備からマーフィーが出場するなどのアクシデントもありながら、復帰登板で安定した投球を披露。毎回の9三振を奪う力投で78球を投げ、ストライクは58球。防御率は2.76となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中