野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 「黒田さんに勝ちつけたかった」 鈴木誠が決勝打、広島は3連敗でストップ

「黒田さんに勝ちつけたかった」 鈴木誠が決勝打、広島は3連敗でストップ

広島の黒田博樹投手が5日、本拠地での楽天戦で7回4安打無失点と好投し、自身2連勝で5勝目(2敗)を挙げた。頼れる男の快投で、チームは連敗を「3」でストップ。試合後には、6回に値千金の決勝打を放った鈴木誠也外野手がお立ち台に上がり、「とにかく黒田さんに勝ちを付けたかった」と喜びに浸った。

広島カープ

7回無失点の黒田が自身2連勝で5勝目、決勝打の鈴木誠は「舐められたくないという気持ちで」

 広島の黒田博樹投手が5日、本拠地での楽天戦で7回4安打無失点と好投し、自身2連勝で5勝目(2敗)を挙げた。頼れる男の快投で、チームは連敗を「3」でストップ。試合後には、6回に値千金の決勝打を放った鈴木誠也外野手がお立ち台に上がり、「とにかく黒田さんに勝ちを付けたかった」と喜びに浸った。

 黒田は初回から快投。先頭の松井稼にサードへの内野安打を許すも、後続を断った。2~4回は3者凡退。6回は2死満塁とピンチを背負ったが、一塁への痛烈な打球を新井がダイビングキャッチ。ベースカバーに入った黒田に送り、無失点で切り抜けた。

 すると、ベテラン2人の熱いプレーに、鈴木誠がバットで応える。その裏、広島が四球とヒットで2死満塁のチャンスを作った。ここで鈴木誠が3ボールからの4球目を叩き、レフト線へのタイムリー二塁打で2点を先制した。

「何とか打ててよかったです。『オレが決める』という意識で打席に入りました。『やったー!』と思いました。『とにかく抜けろ』としか思ってなくて、点が入ってよかったです」

 試合後、鈴木誠はお立ち台で笑顔をはじけさせた。

 前日まで3連敗。「連敗が続いてたので、舐められたくないという気持ちでずっといた」という。その思いをぶつけた決勝打。「とにかく黒田さんに勝ちをつけたいという気持ちがあったので、打てて良かったです」と話した。

 鈴木誠の値千金の一打で、7回まで投げ切った黒田は自身2連勝で5勝目。広島も2-1で勝利し、連敗を「3」で止めた。大黒柱の力投で、流れを引き寄せられるだろうか。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング