野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木宣親が「攻撃をリード」 全打席出塁、3安打2四死球で出塁率4割目前

青木宣親が「攻撃をリード」 全打席出塁、3安打2四死球で出塁率4割目前

ジャイアンツの青木宣親外野手が6日(日本時間7日)、敵地でのフィリーズ戦に「1番・レフト」で先発出場。3打数3安打2四死球2打点1得点の大暴れで、7-5での勝利に大きく貢献した。

20150318_aoki

早くも今季5度目の“猛打賞”で2打点、守備でも好プレー、ジャイアンツは2連勝

 ジャイアンツの青木宣親外野手が6日(日本時間7日)、敵地でのフィリーズ戦に「1番・レフト」で先発出場。3打数3安打2四死球2打点1得点の大暴れで、7-5での勝利に大きく貢献した。“猛打賞”は早くも今季5度目。守備でもレフト線への打球を素早く処理し、打者走者を二塁で指す好プレーを見せた。

 前日は体調不良で欠場した青木だったが、この日はチームを牽引する活躍を見せた。

 まずは初回。いきなり相手先発ゴンザレスから死球を受けて出塁する。続くパニクのヒットで二塁に進塁すると、パガンのタイムリーで先制のホームを踏んだ。ジャイアンツはこの回、さらに1点を加えた。

 青木は2回2死走者なしでの場面でセンター前ヒット。その裏の守備では、先頭のラフの左翼線への打球にチャージ。クッションボールを素早く処理すると、二塁へと正確に送球した。打者走者を刺し、先発のバムガーナーを救った。

 ジャイアンツは3回に2点を追加。さらに、2死満塁のチャンスで青木に3打席目が回ってくると、カウント1-1からのスライダーをセンター前に運ぶ2点タイムリー。6-0として、試合の流れをグッと引き寄せた。

 その後、5回2死二塁では四球、7回2死一塁の5打席目にはレフト前ヒットをマークした青木。全打席に出塁し、3得点に絡む活躍で勝利に大きく貢献した。

 ジャイアンツは公式ツイッターで「ノリ・アオキが、フィリーズを破ったジャイアンツの攻撃をリードした」と速報。リードオフマンの活躍を伝えている。

 3打数3安打2四死球の青木は打率3割2分4厘。出塁率は3割9分8厘と4割目前まで上昇した。ジャイアンツも5連敗の後に2連勝。このまま、もう1度流れにのりたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング