野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクが巨人3タテ 寺原が7回1失点の快投&2打点で無傷の3勝目

ソフトバンクが巨人を5-2で下し、単独首位の座をキープした。先発の寺原隼人投手が7回2安打1失点と快投。打っても6回に2点タイムリーを放ち、投打で大活躍した。

ソフトバンク

高田はプロ初ホームラン、巨人のルーキー高木勇を攻略して今季初の5連勝で首位キープ

 ソフトバンクが巨人を5-2で下し、単独首位の座をキープした。先発の寺原隼人投手が7回2安打1失点と快投。打っても6回に2点タイムリーを放ち、投打で大活躍した。打線は高田のプロ入り初ホームランとなる先制2ランも飛び出すなど、巨人のルーキー高木勇を攻略。敵地・東京ドームで巨人を3タテ、今季初の5連勝を飾った。

 ソフトバンクは初回、高木勇から先頭の中村晃がレフトへツーベース。今宮が送りバント、柳田が四球で1死一、三塁とするが、内川はサードゴロでダブルプレー。無得点に終わった。

 さらに、3回には1死から中村晃がファーストへの内野安打で出塁。盗塁、柳田の内野安打で2死一、三塁と再びチャンスを作るも、内川はセカンドゴロ。ここも好機で4番に打席が回ったが、生かせなかった。

 一方、寺原は1、2回と3者凡退の好投。3回は1死から相川にレフトへのヒットを浴びたが、後続を抑えた。

 4回、ソフトバンクは1死から松田が四球で出塁。すると、続く高田がライトスタンド最前列へ先制2ラン。嬉しいプロ初ホームランで均衡を破った。

 さらに、ソフトバンクは6回に先頭の内川がライト前ヒット、松田がツーベース、高田は敬遠気味の四球で1死満塁とチャンスを作る。高谷は空振り三振に倒れたが、寺原が初球のストレートをセンターに運び、センターへ2点タイムリー。貴重な追加点を奪った。

 その裏、巨人は高木勇の代打・長野がライトへ5号ソロ。寺原からようやく1点を返す。

 しかし、ソフトバンクも7回、2番手の高木京から2死二塁のチャンスを作ると、李大浩がレフトへタイムリー。貴重な1点を加え、再び4点差とした。

 寺原は7回、1死から坂本にストレートの四球を与え、ワイルドピッチで二塁に進めてしまう。しかし、アンダーソンをショートフライ、高橋由は見逃し三振でピンチを切り抜けた。

 ソフトバンクは8回を五十嵐、9回はサファテが抑え、5-2で快勝。寺原は無傷の3勝目。チームは5連勝で単独首位をキープした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング