野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 今季最長5連勝&巨人を3タテ、ソフトバンクを引っ張る“下位打線”

今季最長5連勝&巨人を3タテ、ソフトバンクを引っ張る“下位打線”

本格的に勢い付いてきたソフトバンク。今の快進撃の要因は自慢の中軸、ではなく、下位打線にある。

20150429_takata

勢い増すソフトバンク、快進撃の要因は?

 ついに、首位に立った。それも、これまでの一日天下や勝率差でのトップではない。7日の巨人戦に快勝したソフトバンクが、2位の日本ハムに1ゲーム差をつける“単独首位”に躍り出た。貯金12も今季最多となり、巨人3連戦で今季初となるカード3タテも成し遂げた。

 3日の横浜第2戦(横浜)から、巨人3連戦で今季最長の5連勝。ここまでの連勝は3が最長だった。4度、4連勝の壁にはね返されてきたが、ついに、その壁を破った。

 本格的に勢い付いてきたソフトバンク。今の快進撃の要因は自慢の中軸、ではなく、下位打線にある。

 象徴的だったのは、6日と7日の試合だった。

 まず、6日だ。1点を先制されて迎えた4回。巨人先発の杉内俊哉から柳田、李大浩、松田と3つの四球を選んで、2死満塁とすると、ここで打席に立ったのは、ヤクルトからトレードでソフトバンクに移籍して2年目の7番・川島慶三だった。左腕が投じた初球。甘くなった真っすぐをとらえてレフト前へ運び、同点の適時打とした。

 なおも、2死満塁で続いたのは8番・高谷裕亮。またしても、杉内の初球。甘くなったスライダーをライト線へとはじき返し、二者がホームを踏んだ。勝ち越しの2点適時二塁打。結果的にこれが決勝の一打となった。

 翌7日。今度のヒーローは3試合ぶりのスタメンとなった3年目の7番・高田知季だった。両チーム無得点で迎えた4回。松田宣浩が、高木勇人から四球を選んで1死一塁すると、1ボールからの2球目だった。ベンチからのサインは、ヒットエンドラン。松田がスタートを切り、高田は叩きつけ気味にバットを振り抜いた。打球は勢いよく飛び出し、右翼席最前列に消えていった。結果的に決勝打となる先制の2ラン。高田にとっては、プロ入り初の記念すべき本塁打だった。

 5日の初戦でも、ソフトバンク移籍後初先発だった細山田武史が、満塁のチャンスで決勝の適時二塁打を放っている。日替わりで出現してくるヒーロー。3試合連続で、下位の打者が試合を決めた。

人気記事ランキング