野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • どん底から這い上がるソフトバンク細山田 「野球が出来ることが幸せ」

どん底から這い上がるソフトバンク細山田 「野球が出来ることが幸せ」

まさかの伏兵が試合を決めた。一度は地獄を見た男が、勝負を決する一打を放ったのだから、驚きだった。ソフトバンクの捕手・細山田武史。育成上がりの29歳が、大仕事をやってのけた。

ソフトバンク

勝負を決する一打を放った細山田

 まさかの伏兵が試合を決めた。一度は地獄を見た男が、勝負を決する一打を放ったのだから、驚きだった。

 ソフトバンクの捕手・細山田武史。育成上がりの29歳が、大仕事をやってのけた。

 5日の巨人戦。試合前に行われた先発バッテリーの紹介で、敵地・東京ドームの左翼席に詰めかけたソフトバンクファンがどよめいた。先発投手は摂津正。そして、その女房役として名前がコールされたのは、自身4年ぶりの先発となる細山田の名前だった。

 そして、同点で迎えた4回、その瞬間は訪れた。

 1死二、三塁で打席に立った背番号00。

「チャンスだったので積極的にいこうと思っていました」

 内海哲也が投じた初球、甘くなった真っすぐに強振した。打球はかなりの前進守備を敷いていた左翼・亀井善行の頭上を越え、左翼フェンスまで点々と転がっていった。勝ち越しの2点タイムリーツーベース。結果的に、これが決勝打となった。

人気記事ランキング