野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木宣親は8戦連続安打&3戦連続マルチ ジ軍はサヨナラ負けも好調維持

青木宣親は8戦連続安打&3戦連続マルチ ジ軍はサヨナラ負けも好調維持

ジャイアンツの青木宣親外野手は11日(日本時間12日)、敵地でのメッツ戦に「1番・レフト」で出場し、4打数2安打1得点と活躍した。3試合連続マルチ安打となったが、チームは同点の9回にセットアッパーのロモがサヨナラヒットを浴び、4-5で敗戦。3連勝はならなかった。

6月に入ってから全試合安打で打率3割3分6厘、出塁率4割4厘、メッツとの3連戦で8安打

 ジャイアンツの青木宣親外野手は11日(日本時間12日)、敵地でのメッツ戦に「1番・レフト」で出場し、4打数2安打1得点と活躍した。3試合連続マルチ安打となったが、チームは同点の9回にセットアッパーのロモがサヨナラヒットを浴び、4-5で敗戦。3連勝はならなかった。

 青木は初回、2ボール2ストライクから先発左腕ニースの92マイル(約148キロ)のツーシームをレフト前に運んだ。その後、三塁まで進み、ポージーのタイムリーで生還。前日に続いて、初回に先制のホームを踏んだ。ジャイアンツはさらに1点を加え、2点をリードした。

 2回は2死二塁でピッチャーのグラブをはじき、セカンドへと転がる内野安打。2本目のヒットを放ったが、ここはパニクが倒れて得点にはつながらなかった。

 ジャイアンツの先発リンスカムは4回に1点を取られる。1点差となった5回、青木は1死走者なしで打席に立ったが、二ゴロに倒れた。

 その裏、リンスカムがメッツ打線につかまり、2点を取られて逆転を許す。しかし、ジャイアンツは6回にクロフォードの2ランが飛び出し、すぐに再逆転した。

 7回、青木は2死走者なしで二ゴロに倒れる。その裏、メッツは代打セシリアーニのレフトへの二塁打で出塁すると、グランダーソンがストリックランドからタイムリーを放ち、同点に追いついた。

 9回、ジャイアンツはロモが死球やパスボールで2死一、三塁のピンチを招くと、カダイヤーにサヨナラヒットを浴び、4-5で敗れた。

 3連勝はならなかったが、青木は好調を維持。6月に入ってから8試合連続安打となった。メッツとの3連戦は全てマルチで計8安打を放ち、打率は3割3分6厘まで上昇。出塁率も4割4厘とさらに上げている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中