野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

初勝利が遠い和田毅、名将と面談へ 「自分の投球信じれば、いい結果出る」

カブスのジョー・マドン監督が、11日(日本時間12日)のレッズ戦に先発して4回途中3失点で降板した和田毅投手に対して、揺るがぬ信頼を明かしている。

4回途中3失点で降板の左腕に、マドン監督は「全てをシンプルにすればいい」とメッセージ

 カブスのジョー・マドン監督が、11日(日本時間12日)のレッズ戦に先発して4回途中3失点で降板した和田毅投手に対して、揺るがぬ信頼を明かしている。今季5戦で未勝利の日本人左腕の自信回復に向けて、面談を持つ方針を明らかにしていることをMLB公式サイトが報じている。試合は6-3でカブスが勝利した。

 この日の和田の投球内容は3回0/3を投げて4安打3失点4奪三振2四球。2点リードの4回、先頭のドミンゲスにソロホームランを浴び、マウンドを降りた。勝敗はつなかったが、3回2/3を投げて5失点で初黒星を喫した5日(同6日)のナショナルズ戦に続き、2試合連続で乱調となった。

「彼はちょっと難しいことにトライし過ぎている気がする。全てをシンプルにすればいい。いいボールを持っているのだから信じればいい。自分のボールを信じる。全員を翻弄する必要はない。自分のピッチングを信じる。そうすればもっといい結果を出せる」

 記事によると、今季5試合先発して0勝1敗、防御率4.84と苦戦する日本人左腕に対して、名将はこんなメッセージを送ったという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中