野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 7回まで無安打投球、2年ぶり“未遂”の西武・菊池 「バリバリ意識していた」

7回まで無安打投球、2年ぶり“未遂”の西武・菊池 「バリバリ意識していた」

西武は13日、ホームでヤクルトを迎えた一戦で、菊池雄星投手が7回まで無安打無得点に抑える好投を見せ、6-4で勝利。交流戦の勝率で並んでいたヤクルトを粉砕し、交流戦単独3位に浮上した。

西武ライオンズ

ノーヒットノーランを「7回の1アウトくらいから」考えていた!?

 西武は13日、ホームでヤクルトを迎えた一戦で、菊池雄星投手が7回まで無安打無得点に抑える好投を見せ、6-4で勝利。交流戦の勝率で並んでいたヤクルトを粉砕し、交流戦単独3位に浮上した。

 初回に中村の先制タイムリー、メヒアの3ランで幸先よく先制すると、先発・菊池の投球が冴え渡った。初回、3回、4回と四球を与えながら、「フォアボールが4つもあったが、いつもどおり」と落ち着いたピッチング。気づけば無安打投球で中盤を越え、本人も「7回の1アウトくらいから、バリバリ意識していた」というノーヒットノーランへの期待が徐々に高まった。

 しかし、8回、先頭の田中浩に外角のストレートをセンターに運ばれ、140球を投じていた菊池は降板。大記録達成はならず、試合後のヒーローインタビューで「監督が打たれた瞬間に出てきたので『あ、代わるんだな』と思って…」と振り返ると、スタンドから笑いが起きた。

人気記事ランキング