野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志が実戦形式の練習で40球 21日からリハビリ登板、7月初旬復帰へ

岩隈久志が実戦形式の練習で40球 21日からリハビリ登板、7月初旬復帰へ

右広背筋の炎症で故障者リスト(DL)入りしているマーリンズの岩隈久志投手が15日(日本時間16日)、実戦形式の練習となる「シミュレーテッド・ゲーム」で40球を投げたことをMLB公式サイトが報じている。

20150426_iwakuma

4月20日のアストロズ戦以来となる実戦マウンドへ

 右広背筋の炎症で故障者リスト(DL)入りしているマーリンズの岩隈久志投手が15日(日本時間16日)、実戦形式の練習となる「シミュレーテッド・ゲーム」で40球を投げたことをMLB公式サイトが報じている。順調な回復ぶりを見せており、20日(同21日)に傘下1Aエベレットでリハビリ登板を行うという。

 この日、本拠地セーフコ・フィールドで「シミュレーテッド・ゲーム」を終えた日本人右腕は、4月20日のアストロズ戦以来となる実戦に臨むことになる。順調に進めば3Aタコマで1回ないしは2回のリハビリ登板を経て、7月初旬にチームに合流することになるという。

 岩隈は今季3試合に先発。防御率6.61とらしからぬピッチングが続き、精密検査で故障が発覚して、リハビリを進めていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング