野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、安定感ある投球に監督の信頼揺るがず 「素晴らしく立て直した」

田中将大、安定感ある投球に監督の信頼揺るがず 「素晴らしく立て直した」

ヤンキースの田中将大投手は15日(日本時間16日)、敵地でのマーリンズ戦で7回2失点と好投し、3試合連続のハイ・クオリティ・スタート(HQS、7回以上を自責2以内)を達成しながら、今季2敗目(4勝)を喫した。ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は「すごくよかった」と、その投球を称えた。

20150616_jila

イチローとの初対決が注目された一戦、2敗目喫するも3試合連続HQS

 ヤンキースの田中将大投手は15日(日本時間16日)、敵地でのマーリンズ戦で7回2失点と好投し、3試合連続のハイ・クオリティ・スタート(HQS、7回以上を自責2以内)を達成しながら、今季2敗目(4勝)を喫した。試合は1-2でヤンキースが敗れている。

 マーリンズのイチロー外野手との初対決が注目される中、打線の援護に恵まれずに黒星。だが、ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は「すごくよかった」と、その投球を称えた。また、決勝ソロホームランを放ったマーリンズのディートリッチが、田中に「偉大な投手」と敬意を表していることを地元紙「サン・センチネル」が報じている。

 2敗目を喫したとはいえ、田中はしっかりとゲームを作った。序盤は制球に苦しむ場面もあったが、尻上がりに調子を上げた。この試合の敗因は、日本人右腕の投球ではなく、3安打1得点に抑えられた打線にあったことは明らかだった。

 試合後、ジラルディ監督は 「田中はすごくよかったと思う。7回2失点。早めに失点して、ホームランも打たれたけれど、すごくいいボールを投げていたと思う。(この試合で)良かったことは彼の好投だ」と振り返っている。

 今季最多の9安打を浴びながら2失点。ピンチになるとギアが上がる。田中らしさが出た試合だったとも言える。

「最初はたくさんヒットを打たれたけど、そこから落ち着いた。おそらく少しコントロールを乱していたのかもしれない。立ち上がりがスローだった。その後、素晴らしく立て直した。私はすごく気に入っている」

 指揮官はこうも話している。

人気記事ランキング