野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ、反攻に向けた最後のピース 今季1軍初昇格の右腕にかかる期待

反攻に向けた最後のピースが1軍に帰ってきた。右肩痛のため春季キャンプから調整中だった比嘉幹貴が6月19日の西武戦(ほっと神戸)から1軍登録された。

20150620_higa

今季1軍初昇格を果たした比嘉幹貴、「今の時期に呼ばれるのは想像していなかった」

 反攻に向けた最後のピースが1軍に帰ってきた。右肩痛のため春季キャンプから調整中だった比嘉幹貴が6月19日の西武戦(ほっと神戸)から1軍登録された。「今の時期に呼ばれるのは想像していなかった。もう少しかかるかもしれないと思っていたので」。今季1軍初昇格を果たした右腕は安堵の表情を見せていた。

 昨年、チームを5年ぶりのAクラスに導いた最強リリーフ陣の一角を支えたのが比嘉だった。62試合に登板して、7勝1敗20ホールド。パ・リーグタイ記録となる34試合連続無失点をマークするなど何度もピンチの場面でマウンドに立ち、涼しい顔で打者を牛耳った。

 防御率は圧巻の0・79。佐藤達、平野佳につなぐセットアッパーとしてチームの躍進に大きく貢献した。

 2013年に59試合、翌年には62試合。そして今季はその勤続疲労が如実に出た。「自分の投げ方はある意味特殊ですから。もう、ずっと付き合っていくしかないんです」。体全体を使い、右横手から140キロ後半の直球とシンカー、カーブを投じる右腕は2009年入団時から違和感を抱えたままだった。

人気記事ランキング