野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

死球で交代の青木宣親、骨に異常なし 痛み抱えての激走に同僚「彼はタフ」

激痛に耐えながら先制ホームを踏んだが、守備に就かずに途中交代。地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」など現地メディアはその後の精密検査で大きな異常がなかったことや、青木のガッツに対する称賛の声を伝えている。

20150328_aoki

第1打席で右足首に死球受けるも、激走で先制のホーム踏む

 ジャイアンツの青木宣親外野手が20日(日本時間21日)の敵地ドジャース戦で「1番・レフト」で先発出場し初回の第1打席で右足首に死球を受けた。激痛に耐えながら先制ホームを踏んだが、守備に就かずに途中交代。地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」など現地メディアはその後の精密検査で大きな異常がなかったことや、青木のガッツに対する称賛の声を伝えている。試合はジャイアンツが6-2で勝利した。

 敵地ドジャースタジアムも一瞬、静まり返った。初回の第1打席。相手先発右腕フリアスの2球目、94マイル(151キロ)の速球を飛び上がって避けようとした青木だが、右足首に直撃。痛みのあまり叫びながら倒れ込むと、ブルース・ボウチー監督も心配そうに歩み寄った。しばらく青木はうずくまっていたが、何とか立ち上がると、足を引きずりながら一塁に向かった。

 続くパニクの二塁打では足を引きずる素振りを見せながらも3塁に到達。塁上では表情を歪めた。そしてパガンの犠牲フライで先制のホームイン。そのまま治療のためにベンチ奥へと去った。

 そんな不屈の闘志を見せた青木を、ここ5年で3度ワールドシリーズを制している名将ボウチー監督も称賛。「サンフランシスコ・クロニクル」が報じた速報記事の中で「ノリは我々にとって偉大であり続けた。最高のチームメートであり、リードオフマン。彼はレフトですごくいい仕事をしてくれている。彼の指導は喜びだよ。彼のような選手でいてくれて、私は感謝しているんだ」とコメントしている。

 青木は切り込み隊長に相応しい活躍を継続。20日時点での打率.317、出塁率.383、12盗塁はいずれもナ・リーグ10傑に入っている。

人気記事ランキング