野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 中日が2者連続弾で巨人マシソン粉砕 エルナンデス「真芯に当たればホームラン」

中日が2者連続弾で巨人マシソン粉砕 エルナンデス「真芯に当たればホームラン」

中日が21日、東京ドーム行われた巨人戦で4-3と逆転勝ち。終盤で先発山井が逆転を許す苦しい試合展開も、巨人のリリーフエース・マシソンから和田、エルナンデスが2者連続ソロで再逆転。リーグ戦再開最初のカードを勝ち越した。

中日

和田に続く決勝の勝ち越しソロ、エルナンデス「強く打つことができた」

 中日が21日、東京ドーム行われた巨人戦で4-3と逆転勝ち。終盤で先発山井が逆転を許す苦しい試合展開も、巨人のリリーフエース・マシソンから和田、エルナンデスが2者連続ソロで再逆転。リーグ戦再開最初のカードを勝ち越した。

 中日・山井、巨人・ポレダの投げ合いで進んだこの試合。6回まで2-0と中日がリードするも、7回に山井が巨人打線につかまり、2-3と逆転を許してしまう。

 しかし、8回に登板したマシソンから和田が同点のソロアーチをバックスクリーン左に叩き込むと、打席に入ったのはエルナンデス。

「和田さんが打ってくれて同点になった。塁に出るつもりで強く打つことができてホームランになりました」と振り返った打球は、ライナー性の弧を描きレフトスタンドへ突き刺さった。

「自分はホームランバッターじゃない」としつつも、「真芯でとらえることできた。真芯に当たればホームランになる」。

 決勝のホームランをそう分析したエルナンデス。値千金の一打で、チームは首位巨人と2・5ゲーム差に。「今後、毎試合全力で戦って少しでも上にいけるように、2位、1位、優勝できるように精一杯がんばっていきたいと思います!」と話すと、レフトスタンドに陣取ったファンから大歓声を浴びていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング