野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 和田毅は左肩のアクシデント 球団は三角筋の痙攣と発表、26球で緊急降板

和田毅は左肩のアクシデント 球団は三角筋の痙攣と発表、26球で緊急降板

カブスの和田毅投手が22日(日本時間23日)、本拠地でのドジャース戦に先発したが、左肩のアクシデントで緊急降板した。カブスは公式ツイッターで左の三角筋の痙攣と発表している。

20150623_wada

3回途中に左肩を気にする素振り見せて降板、肩にあたる三角筋のアクシデントで「明日検査」

 カブスの和田毅投手が22日(日本時間23日)、本拠地でのドジャース戦に先発したが、左肩のアクシデントで緊急降板した。カブスは公式ツイッターで左の三角筋の痙攣と発表している。

 和田は1、2回と3者凡退に抑え、2回裏の打席では相手先発カーショーの前に見逃し三振に倒れた。

 3回、和田は先頭のヘルナンデスにレフトへの先制ソロを浴びる。さらに、続くエリスにもレフトへのヒットを浴びたところで、左肩を気にする素振りを見せた。

 トレーナーと投手コーチがベンチから出てきて、続けてマドン監督もマウンドへ。左肩を抑えるような仕草を見せた和田からボールを受け取った。

 和田はわずか26球で降板。その後、球団は公式ツイッターで「ツヨシ・ワダは今夜のゲームを左の三角筋(肩)の痙攣でゲームを去った。彼は明日、再検査を行う」と発表した。

 和田は2回0/3を投げ、2安打1失点1奪三振。防御率は3.73となった。カブスは3回にブライアントがカーショーから逆転2ランを放ち、和田の黒星は消えた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング