野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治&田澤純一が他球団から狙われる? 今夏の移籍はあるのか

上原浩治&田澤純一が他球団から狙われる? 今夏の移籍はあるのか

レッドソックスの上原浩治、田澤純一両投手がライバルチームの補強候補として特集されている。米スポーツ専門サイト「スポーツ・オン・アース」が「MLBの優勝候補をアップグレードする」と特集している。

レッドソックス・上原浩治(左)、田澤純一(右)【写真:田口有史】

レンジャーズの補強候補に挙がった上原、「実績あるクローザーは大いに役に立つ」

 レッドソックスの上原浩治、田澤純一両投手がライバルチームの補強候補として特集されている。米スポーツ専門サイト「スポーツ・オン・アース」が「MLBの優勝候補をアップグレードする」と特集している。

 トレード期限が7月31日に迫る中、買い手となる球団、売り手となる球団が出てくることが予想されるが、開幕前の大補強にも関わらずア・リーグ東地区最下位に沈むレッドソックスは売り手に回る可能性が高く、上原と田澤がターゲットとなる可能性があるという。

 上原は2011年シーズン途中から13年まで過ごした古巣レンジャーズの重要な補強ポイントとして挙げられている。

 レンジャーズはチームリーダーのエイドリアン・ベルトレ内野手やダルビッシュ有投手ら故障者が相次ぐ中でア・リーグ西地区2位につけ、プレーオフ進出の可能性を十分に残している。特集ではレンジャーズの補強ポイントを先発ローテーションとブルペンとしている。

 先発の補強候補とされているのはレッズの右腕ジョニー・クエト、フィリーズの左腕コール・ハメルズ。その他にもアスレチックスのスコット・カズミアー、マーリンズのダン・ヘイレン、フィリーズのアーロン・ハラングらの名前が挙がっている。

 また、上原にもオファーを出す可能性があり、特集では「レッドソックスが本当に売り手に回るなら、レンジャーズはクレイ・バックホルツとコウジ・ウエハラに対する電撃交渉も検討する可能性がある」と指摘。さらに「ウエハラはボストンで開花する前に2シーズン過ごした。彼はある意味高価だ。今季、年俸900万ドルで、2016年も900万ドルプラスとなる。だが、実績のあるクローザーは大いに役に立つものだ」と言及している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中