野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武・岸が待望の今季初勝利で2位浮上 「ここからもっと取り返したい」

西武・岸が待望の今季初勝利で2位浮上 「ここからもっと取り返したい」

西武の岸孝之投手が26日、待望の今季初勝利を挙げた。本拠地での日本ハム戦で6回5安打2失点と粘投。味方の大量援護もあり、今季4度目の登板で1勝目をマークした。

今季4試合目の登板で1勝、「西武ドームで勝ちたいと思っていた」

 西武の岸孝之投手が26日、待望の今季初勝利を挙げた。本拠地での日本ハム戦で6回5安打2失点と粘投。味方の大量援護もあり、今季4度目の登板で1勝目をマークした。

 試合後には今季初のお立ち台へ。「3試合勝てるピッチングしてなかったので、なんとかこの西武ドームで勝ちたいと思っていたので、よかったです」と話すと、本拠地は大歓声に包まれた。

 今年は開幕投手に指名されながら、直前に左脇腹の炎症で離脱。今季初登板となった6月4日の中日戦は白星をつかめず、その後の2試合は5回4失点、7回途中5失点とらしくない投球が続いていた。

 この日は打線の爆発もあり「失点の仕方はもったいないなと思いますけど、これだけ打ってくれる野手の皆さんがいるので、楽に投げられました」とチームメートに感謝した。

「(自身が離脱している間はチームが)強いなと思って見てましたけど、僕が戻ってきて変な流れにならないように頑張ろうと思ってました。出遅れた分、ここからもっと取り返して、チームに貢献したいなと思います」

 エースの初勝利で2位浮上。西武にとっては大きな1勝となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中